オリーブオイルを毎日の食事に取り入れよう

オリーブやオリーブオイルの効果・効能、お勧めのブランドなどについてのまとめです
MENU

オリーブオイルを毎日の食事に取り入れよう

日本人女性の痩せすぎについての記事を読む機会が増えました。

 

戦時中の食生活と同じカロリーしかとっていないと書かれていました。

 

美しさを求めて、洋服を着る楽しみを追求したり、ローカロリーで健康的な食事を心掛けて体重を維持して体調管理や自己管理をしっかり真面目に取り組んでいる女性が多いのでしょう。

 

真面目で一生懸命なのは日本人の特徴ですよね。しかし、体にいいものを食べる喜びに心を満たすと内面も更に美しくなるのではないかと考えています。

 

ミス・ユニバースの栄養指導をしたエリカ・アンギャルさんや、イネス・リグロンさんは質の良い油やたんぱく質をとって筋肉をつけて代謝をよくする健康的な美を提案していました。

 

たしかに、私たち日本人は欧米の人に比べると筋肉量が少ない人種です。メリハリにかけるスタイルの傾向はあると思います。でも、大事なのは栄養を効率良く代謝させ、健康的でアクティブに生活ができる体作りを提唱しているのだと思います。

 

具体的にどんなものがいいのか、気になりますよね。

 

ダイエット中の人が敵視する油は、たしかにトランス脂肪酸やオメガ6を含むと体に蓄積されるだけで健康に良くありません。しかし、良い油の代表、オメガ3とオメガ9には体内の細胞壁を満たし、細胞間の伝達を良くします。代謝や生命活動のエネルギーが円滑になります。

 

良い油は実はダイエットの味方なんですね。オリーブオイルにはオメガ9が豊富に含まれています。クルミにはオメガ3が含まれています。砕いたクルミとオリーブオイル、黒コショウで簡単なドレッシングを作っていつものサラダや、焼いたバケットに付けて食べるだけでも体にとてもいいんですよ。

 

オリーブオイルは食べることで肌の乾燥を防いでくれます。夏でも皮膚が乾燥している人にはオリーブオイルを毎日の食事に取り入れることをおすすめします。

 

オリーブオイルをたんぱく質と一緒に取ると、肌だけではなく髪や爪も健康で美しくなります。

 

加熱した焼きトマトをオリーブオイルで焼いた卵のオムレツで包むと栄養満点です。活動が始まる朝食にどうぞ。

 

食べることで内面から美しさがあふれる、そんな女性を目指したいですね。

このページの先頭へ